本文へスキップ

ごあいさつGreeting


神戸大学 大学院 海事科学研究科 附属国際海事研究センターは、
神戸大学の学部等の附属教育研究施設(学則第9条)の一つです。
前身の「国際海事教育研究センター(神戸大学と神戸商船大学との大学統合を契機に
2004年(平成16年)10月1日設立)」は、以下に示す4分野による構成でした。
1. 国際海事教育プログラム開発分野
2. 国際海事情報ネットワークの開発分野
3. 国際海事システム研究分野
4. 海洋環境の保全等の分野

これを発展的に改組して、2009年(平成21年)10月1日から以下の5部門
1. 海事教育研究部門
2. 海事安全管理研究部門
3. 海事政策科学部門
4. 海事産業研究部門
5. 海事環境エネルギー研究部門

の枠組みとして強化され、新たな航跡を記し始めました。
この国際海事研究センターは、社会科学分野の強化、海事産業や人材育成のバックアップ、
プロジェクト研究の強化などの機能を付加した「研究科附属国際海事研究所」の設立構想などを
ベースに新しいセンターの枠組みと運営方針の検討を重ねながら設立されたセンターです。  

さらに、2012年(平成24年)4月1日から、上記の5部門に加えて、
輸送の三原則プロジェクト(事業名:「輸送の三原則を統合した国際海上輸送システム創出の研究」)を
継承した「第6部門 海事輸送研究部門」を加え、
部門増に伴う組織の効率的な運営を図るため、副センター長を配置しました。  

この新しい国際海事研究センター(International Maritime Research Centre、
略称:“IMaRC”、呼称“アイマーク”)は、海事に関する総合的かつ先端的な研究を行うとともに、
積極的な情報発信により,国内外の海事社会の発展に寄与することを目的としています。  

国際海事研究センターが取り組む研究体制は、これら6部門による海事科学研究活動の中心的な役割を
担うとともに、研究体制の一元化及び海事科学が担う総合領域における連携強化がもたらす
研究対象の拡大が期待されています。
そして、海事及び海洋並びにそれらの周辺領域に関わる事項を総合的な見地から
情報発信できるセンターとしての機能を充実する必要があります。  

今後とも変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2015年4月1日
神戸大学 海事科学研究科 
国際海事研究センター長 
古莊 雅生 

shop info店舗情報

神戸大学海事科学部
国際海事研究センター

〒658-0025
神戸市東灘区深江南町5丁目1-1
TEL&FAX 078-431-6318