本文へスキップ

テーマtheme

海事環境エネルギー部門


海洋環境保全やエネルギー開発技術・安全利用に関する研究を行います。プロジェクト式に他大学の環境科学分野、機械・エネルギー関連企業・研究機関の協力を得ます。海洋はエネルギー資源でもあり、重要なエネルギー資源が大量に眠っています。

本研究部門では、持続可能なエネルギー資源の確保を目的に、洋上風力等の再生可能エネルギー資源調査、及び海水中からのウラン等希少有用金属や汚染物質回収に関する研究を行います。洋上風力資源調査の一例には、洋上風況マップを基にした洋上ウインドファーム設置の検討等が挙げられます。また、溶存希少金属回収研究の一例として、アミドキシム型捕集材の海洋試験があります。放射線グラフト重合法により吸着基を導入した捕集材は、海水中に存在する多種のカチオンの中で目的のイオンを選択的に吸着します。アミドキシム型捕集材を出発点として、多様な希少郵有用金属や汚染物質回収のための材料開発を行います。


2013年度の活動

shop info店舗情報

神戸大学海事科学部
国際海事研究センター

〒658-0025
神戸市東灘区深江南町5丁目1-1
TEL&FAX 078-431-6318