本文へスキップ

テーマtheme

海事教育研究部門


商才ある船舶職員の養成を目的として深江の地で発祥した船舶職員養成教育に加えて、海事産業分野で活躍できる人材の教育研究機能を継続させながら、国際海洋人としての人材育成に関する研究を行います。海事教育研究関係機関や海事関連産業の要請や支援を得て、「国際海事教育プログラム開発分野」と「国際海事ネットワーク開発分野」を統合し、高品質な海事教育プログラムや教育ツールの研究開発を通じて、海外との連携により、海事教育研究分野から輩出する海事エキスパートの育成に関する研究を行います。平成21年度に導入した「船舶運航(操船・機関)シミュレータ」等の教育研究利用を進めながら、海運企業や水先人会からの協力を得た実践教育適応型の研究開発に取り組みます。国際的には「公共財としての海事教育研究に係る国際協力政府開発援助(ODA)支援のあり方」という調査研究等、具体的には以下のような研究を展開します。

  • 海事クラスター先進国の視点から見た途上国海事教育事情の調査研究と支援
  • 国際協力政府開発援助(ODA)海事教育研究支援実績、効果の検討
  • 国際海事教育の産官学連携協調体制のあり方に関する調査分析
  • 「船舶運航シミュレータ」等の教育機器・設備を活用した海事教育の高品質化に関する研究
  • 船舶の安全運航に及ぼす疲労やストレスなどの人的(心理的・身体的)要因の影響に関する研究

2013年度の活動

shop info店舗情報

神戸大学海事科学部
国際海事研究センター

〒658-0025
神戸市東灘区深江南町5丁目1-1
TEL&FAX 078-431-6318